ポートダグラス楽園日誌2004-9

9.天空の虹


 最終日 7月22日(木)


 今日のケアンズは雨なのだそうだ。
 パパが朝、天気予報を見てそう言った。
 でも嘘みたい。
 こんなに晴れているのに。
 パパは、晴れ娘のカナとレナがテイクオフしたら、ケアンズには雨が降るんだと言う。

 確かに乾期と言うには今年のケアンズは少し雲が多かったかもしれない。
 私たちが出発する前はさらに曇りの日や雨の日もあって、例年になく寒かったと聞く。
 だけど滞在中は連日明るい日差しに恵まれた。
 朝、ポートダグラスで雨が降った日だって、モスマンで綺麗な虹を見せてくれて、行き先のマリーバはいいお天気だった。
 心配していた熱気球のツアーの日や、グレートバリアリーフクルーズの日なんか、雲一つないような完璧な快晴だった。まるで計算し尽くされたような天候だった。
 毎日毎日、空を見て、緑を見て、鳥や珊瑚礁の海を見ていた。
 鳥の声で目覚め、満天の星に見守られて眠りにつく、そんな休日も今日で終わりだ。

 4時にはレナが泣いて大人は目を覚まし、5時にはカナが起きた。
 本当にゆっくり寝かせてくれないのね。

 昨夜荷物は全部まとめてあった。
 悩んだのは到着日にLさんが交渉してリッジスからもらった二つのお砂場セット。持って帰るにはかさばるし、捨てるには忍びない。
 結局ヴィラの隣室の庭のテーブルにそうっと置いておいた。隣は私たちが来る前から滞在しているオージーの三世代ファミリーがいる。
 ファミリーの子供はお姉ちゃんと弟の二人で、特に弟は腕白坊や。庭がこちらと繋がっているので、よく庭で走り回ったり椰子の実を割ったりしている姿が見えていた。
 朝になると、その腕白坊やが置いておいたお砂場セットで遊んでいる姿が見えた。
 後からおばあちゃんが姿を現し、そっと、「あのお砂場セットはあなた達のでしょ? いいの?」と心配そうに言ってきた。
 いいんです。
 今日、私たちは帰国します。
 飛行機で持って帰れないんです。良かったらもらってやって下さい。

 朝御飯は残っていた食料をできるだけ食べ尽くす。
 パン、ヨーグルト、シリアル、ミルク、スープ、ゼリー・・・。
 それから後かたづけをして、チェックアウト。
 ホテルからモーニングコールやエアポートシャトルをどうするかと昨日聞かれたけど全部断ってある。
 7時45分には部屋を出た。
 車でホテル棟まで行ってチェックアウトしていると、ちょうどロビーに数日前ムンディーズ前で一緒に遊んだファミリーがいた。
 やんちゃなオージーボーイJ君はすぐにこっちに気づいて手を振ってくれた。
 バイバイ。楽しい時間をありがとう。

 さて、真っ直ぐケアンズに向かう前にポートダグラスのアンザック公園に寄っていこう。
 パパがセントメリーズバイザシー教会の写真を撮られてくれるというのだ。

 ポートダグラスの観光といえば、アイランドポイント展望台とシェラトンミラージュのアフタヌーンティというのがお約束だ(シェラトンにはまだ足を踏み入れたことがないが)。
 次ぐらいに有名なのがこの、セントメリーズ教会らしい。
 日本からわざわざ結婚式を上げに来るカップルもいるという。
 そんな観光ポイントでありながら、いまいち自分では、場所を把握していなかった。
 去年も見かけたと思うのだが、海に向かってアンザック公園の右手、ポートダグラス博物館の辺りだと思いこんでいた。
 実際はアンザック公園の左手。サンデーマーケットの会場からも目と鼻の先だった。

 古い木造の白い教会で、何があると言うわけでもないが、ポートダグラスのおみやげ物やイラストの題材によく使われる。
 背景の海や空と白い外壁がよく合うので、その辺りが人気なのだろう。

 ここまで来れば、カナとレナはブランコに乗らないわけがない。
 海と桟橋の見えるブランコに真っ直ぐ駆けていく。
 ポートダグラスで遊ぶのもこれが最後。
 これから飛行機に乗ればまた何時間も拘束されるのだから、今のうちに羽根を伸ばしておいてね。



 レンタカーは8日間借りていた。
 最初は7日間の予定だった。一週間だとちょうど割引率が良いし、最終日は返却の時間が無いだろうとふんで、前日の朝にポートダグラスで返却するつもりだった。
 旅行を依頼したツアーがサービスで行きも帰りも空港-ポートダグラス間を送迎してくれることになっていたので、ポートダグラスでレンタルしてポートダグラスで返却するつもりだった。
 その予定が変わったのは、昨日、ケアンズ・ショーに行くことにしたからだ。
 ケアンズ・ショーは日程が7月21日から23日と決まっていて、私たちの滞在とクロスする日は21日しかなかったため他の日にすることはできなかった。
 レンタカー返却予定日にケアンズに出かけるなら、その日も借りっぱなしにした方がよい。しかもポートダグラスに戻って返却するとなると、レンタカー会社の営業時間内に戻らなくてはならないことになり、せわしない。
 返却日を21日から22日に一日延ばして、更に返却場所をポートダグラスからケアンズに変更した。ケアンズ・ショーの帰りに返却するつもりなのだ。
 これで一日ケアンズで遊べることになったが、まだしっくりこない。
 しっくりこない理由の一つは、ケアンズで返却するとしてもやはりその日の営業終了時間を気にしながら遊ばなくてはならないこと、そしてもう一つは、せっかくレンタカーを借りているのに21日夕方にはケアンズからポートダグラスへわざわざ高いバス代を払って戻らなきゃいけないことだった。

 もっと良い手は無いか?

 22日の出発日の朝、ポートダグラスで返却するのは不可能だ。
 レンタカー会社の営業開始時間前にポートダグラスを発たないと間に合わないからだ。
 前日の夜、営業時間外の返却をすると言う手もあるかもしれなかったが、海外のことだし、トラブルを避けるためにもできれば相手の顔を見て返却したい。
 あれやこれや考えて、日本出発直前のある日、パパはぽんと思いついた。

 ツアーの旅程書に記載された本日の予定はこうだ。
 ポートダグラスのホテルからケアンズまで、ツアーの現地係員が送迎してくれる。行き先は空港ではなく、ケアンズ市内のDFSガレリア。ここで免税品のショッピング。それから空港でチェックイン。

 そしてパパが考えた案とはこうだ。
 ママと子供たちだけ免税店に送迎してもらい、パパは送迎車の後ろにくっついてレンタカーを走らせ、ママがショッピング中、ケアンズでレンタカーを返却する。

 初日にツアーの現地係員、日本語ぺらぺらのLさんにそう相談したところ、さらに良い方法を承諾してくれた。
 Lさんはポートダグラスには送迎に行かない。
 レンタカーで我が家には直接ケアンズに来てもらい、レンタカー会社のオフィス前でピックアップして免税店に送迎する。

 我が家にとってのメリットは、あえて家族別行動を取る必要が無いことと、またレンタカー返却後にパパが歩いて免税店に移動する必要がないこと。
 また、Lさんにとっては、わざわざポートダグラスまで往復二時間かけて迎えに行く必要がなくなったということ。
 この手が使えたのは、我が家の他に誰もこのツアーでポートダグラスに滞在していなかったからに他ならない。

 ちなみに私たちは別に免税店に行きたいわけじゃない。
 これはツアー会社と免税店の契約のためで、ツアーに入る以上仕方ないのだ。
 「デューティーフリーショッパーズはどうしても行かなきゃいけないんでしょ?」というパパに、
 「契約ですからね、1分だけでもお願いします」と苦笑しながらLさん。



 空は晴れているが風が強い。波の荒いビーチを見ながらキャプテンクック・ハイウェイを最後のドライブ。
 せっかくポートダグラスに泊まっているのだから、ケアンズ方面へ何度も往復するのはやめようと思っていたのに、結局今年も何回もこの道を通ってしまった。
 片道一時間強。
 ビーチ、熱帯雨林、乾燥地帯、そして点在するリゾート。
 ラウンドアバウトも日本に帰ったら見られない。

 トリニティビーチへの曲がり角の側で見たい見たいと思っていたものを見た。
 野生のワラビーたちだ。
 今年はマリーバのゴルフ場で野生カンガルーを見ることができなかったので、どこかで見られないかなと思っていた。
 馬場で馬に混じって沢山跳ねていた。
 子供たちにも教えようと思ったが、あっという間に通り過ぎてしまって写真も撮れなかった。

 ケアンズに入ったところで適当なガソリンスタンドを見つけて最後の給油を済ませた。
 角にインフォメーションセンターのあるアプリン・ストリートを曲がると、レンタカーを借りたエイビスはすぐだ。
 シェリダンストリート(キャプテンクック・ハイウェイ)とエスプラネードのちょうど中間を平行に走っているレイクストリート沿いには大手のレンタカー会社が軒を連ねている。
 今年はポートダグラスにも営業所のあるエイビスで借りたが、去年はハーツだった。他にもこの通り沿いにはバジェットのオフィスなどもある。
 レンタカー・オフィス前では既にLさんが待っていた。

 車の返却を終えて、Lさんの送迎車に乗り込むと、パパは早速相談を始める。
「どこか行きたいところは無いですか?」と言うLさんに、
「本屋」と答える。
 来年もまた、この辺りに旅行に来たいと思っている。ツアーで扱わないような小さなアコモデーションの情報がほしいので、良いガイドブックなど無いかと聞いてみる。
「本屋よりインフォメーションセンターの方が情報が手に入るかもしれない」とLさんは教えてくれて、免税店の後にそこに連れていってくれることになった。

 路上のパーキングに送迎車を停めて、まずは免税店DFSガレリアへ。
 入り口前の階段に何人か日本人が座っている。
 ツアーの客はみんな強制的にここに連れてこられるんだろうな。
 Lさんについて中に入り、まずは受付で来た証明のサインをした。
 それからガレリアの受付嬢はキーボードを叩いて、何かチケットのようなものを打ち出した。
「ここにお客様の乗る飛行機の便名が記されていますから」
 だから?
「お買い物の時はこれをお見せ下さい」
 買い物・・・しないかも。
 実はこのツアー、5月中に申し込めば大人一人あたり3,000円分のDFS用商品券をくれることになっていた。
 ところが航空券にはその商品券が同封されておらず、また今に至るまでどこでも渡されていない。ここでLさんやガレリアの受付嬢にそのことを聞いてみたが、どちらも判らないと言う。
 ガレリアではその商品券分だけ買い物をしようと思っていたのだが(ああ情けない)、商品券が無いのでは話にならない。
 レナがトイレと言ったので、トイレを借りた。
 なんと私たちがガレリアでしたことと言えば、4歳の子供のトイレを借りたことだけ!?
 トイレのある二階には、子供を遊ばせておくちょっとしたコーナーがあり、ビデオを上映して係りの女性が塗り絵など配っていた。大人たちにひとつでも多く高額な免税品を買ってもらおうという心配りなのだろうと思った。

 ところで商品券の件は完全にツアー会社のミスで、帰国後こちらから指摘する前に代替品を送ると連絡してきた。
 免税品に興味の無かった私たちには、後から送られてきた同額の商品券の方が何倍もありがたかったりする。

 Lさんは用事があると言って一時的に事務所に戻ってしまっていた。
 私たちは1時間の自由時間を与えられて、教えられたインフォメーションセンターに入った。場所はクオリティ・パシフィック・インターナショナルホテルとアウトリガーの間でエスプラネード沿いだ。
 さっきシェリダンストリートで見たインフォメーションセンターのような派手な表示は見あたらず、そうと知らなければ見過ごしてしまいそうな建物だ。
 中はひんやりと冷房が効いていて、バックパックを背負った旅行者が何人かいるだけ。
 無料のアコモデーションガイド、各エリアごとに整理されたホテルやツアーのパンフレット、観光地紹介のパネル、絵はがきのラックなどがある。
 受付もあり、真剣に今夜の宿の手配を頼んでいる旅行者もいた。

 来年はポートダグラスを離れて、アサートンかミッションビーチに宿を取りたい。そのほかケアンズの北に連なるビーチや念のためポートダグラスの情報も仕入れておこう。
 そうか、こういうところに来れば、アコモデーション情報が手に入るのか。昔、UK旅行中はその夜の宿を探すため現地のインフォメーションセンターにはお世話になったりしていたのに、もうすっかり忘れていた。

 カナとレナが退屈して騒ぎ出したので、あまりゆっくりパンフレットを捜すことはできなかった。
 それでも手当たり次第取ってきたので、かなり鞄は重くなった。

 最後に入ったのは、ケン・ドーンのドーン・アート&デザイン。
 免税店でショッピングしなかったので、ちょっとここでオーストラリアらしいTシャツを見ていこうかな。



 ケアンズ空港は本当に小さな国際空港だ。
 いつも到着時は夜明け前なので、こうして明るい中で見ると違う場所のようだ。
 荷物を預けて、世話になったLさんにお礼を言ってお別れ。
 Lさんのおかげでずいぶん融通を利かせてもらった。
 時間つぶしに空港の免税店や売店を巡ると、まあTimTamもマンゴーワインもコーヒー豆も高いこと高いこと。
 TimTamの値段がスーパーと空港では下手したら倍以上違うことは去年知ったが、マンゴーワインもワイナリーより10ドルちかく高いし、コーヒー豆もメーカーが違うのかもしれないが同じケアンズ・ハイランド産で倍の値段がする。
 子供たちの機内用にディズニープリンセスのドットをつないで絵にする塗り絵を買った。この他に日本からキティやハム太郎のゲームブックを持ってきている。日本までの7時間、なんとか大人しくしていてもらおう。



 席は今回も右側の窓側が取れた。
 ママとレナ、パパとカナで座る。
 座席を捜して歩いていると、先に席について新聞を広げていた日本人が、「留守中、東京は40度もあったらしいよ」と耳を疑うような気温の話をしているのが聞こえた。
 朝夕涼しかった真冬のケアンズを離れ、まもなく私たちも真夏の雑踏に戻らなくてはならない。
 幸い、今日のケアンズは本当に天気予報通り雨が降るのだろうかと首を傾げるようないいお天気だ。
 グレートバリアリーフと最後のお別れができる。

 滑るように飛行機は滑走路を走り始め、レナが「ねえ、もう飛んでいるの?」と言ったとたん、ぐんとGがかかって舞い上がった。
 さようなら、ケアンズ。
 最初飛行機は左に傾いて、それから旋回して右に傾いた。
 眼下にコーラルシー。
 木の生い茂る緑の半島とコバルトブルーの海。
 すぐにグリーン島が見えてきた。
 海の中にできた三角州のような珊瑚の浅瀬に、白い輪郭を見せて緑の島。桟橋も見える。
 次に見えた白いコーラルケイはもしかしたらミコマスケイだろうか。
 次から次へと釣り針のような形の珊瑚礁が続く。
 やがて雲が出てきて海を隠した。

 帰りの便で配られた子供用ポーチは、行きと同じモンスターズ・インクのもの。
 去年の経験から、カンタスのお子さまグッズには幼児用と子供用の二つがあると知っている。
 行きと同じものをもらっても仕方ないから、少し高年齢向けと知っていてもパパはカナのためにスチュワーデスにポーチの交換を頼んだ。
 それを知らなかったママは、レナのモンスターズ・インクのポーチを開けてしまった。
 姉だけ違うものを持っていると絶対喧嘩になるので、パパはレナの分もスチュワーデスに頼んでみた。
 袋を開けてしまっても交換に応じてくれた。良かった。
 子供用ポーチは幼児用のモンスターズ・インクと違い外側に何も絵柄がついていなかったので、中もシンプルなのかと思ったらこちらはリロ&スティッチのグッズが入っていた。
 カナもレナもリロ&スティッチが大好きなので、気がついて良かったと思った。

 長い機内拘束時間。
 それでもヨーロッパに行くのに比べたら短い。
 大人だけなら映画を見ているか本でも読んでいればあっというまだ。
 子供たちにとっては退屈なので、レナなど食事の後は寝てしまった。
 カナはちょっとぐずぐず言って毛布を被ったが、どうも寝付けない様子。
 食後は子供たちで並んで座らせたが、隣が寝ているので所在なさげで、一人でキティのゲームブックをつらつらと進めているようだった。

 ふと窓の外を見ると、海上からいくつもいくつも雲の柱が空を目指して立っている。
 飛行機がその柱の一つに近づくと、なんと柱の根元から虹が立ち上がった。
 次から次へと新しい雲の柱に近づく度に、新しい虹が立ち上がった。
 大地に向けて半円を描くのが虹だと思っていたので、天空で縦に伸びる虹を見たのは生まれて初めてだった。
 地上からは決して見られない虹なのだろう。
 何だか旅の最後にとても綺麗なものを見せてもらったような気がした。
 間もなく成層圏の夕暮れ。
 翼の下の雲も茜色に染まっていく。





 夜八時少し前、宵闇の成田空港にタッチダウン。
 中空に浮かぶ三日月だけが豪州と同じ・・・。

 帰ってきてしまった、日本に。
 見慣れた景色、見慣れた文字、見慣れた人々・・・。

 これから繰り返す日常は、既に次の旅へのカウントダウン。


 けれど間違いなく私たちはまたあの赤い大地へ戻る。
 再び約束をあの地において・・・



 to be contuned・・・
 そして旅は続く。






 来年のオーストラリア旅行記でまた会いましょう。

ポートダグラス楽園日誌2004目次 | ケアンズぷらすHOME